ドリームハイツの歩き方
元気に練り歩く祭りの神輿
 今月の風景  元気に練り歩く祭りの神輿 17号棟 正野崎さん 7/15 ここで撮影  来月の風景募集
 
ハイツの花だより

2018/04/20

モッコウバラ

Tweet ThisSend to Facebook | by いつも明るく
モッコウバラ1
モッコウバラ1 [場所]


モッコウバラ2
モッコウバラ2 [場所]


モッコウバラ3
モッコウバラ3 [場所]


モッコウバラ4
モッコウバラ4 [場所]


モッコウバラ (木香薔薇・常緑蔓性)


 ハイツバス停の近くにトンネル状のアーチ(これはトレリスといいます)に巻き付いているバラは、モッコウバラと言い、とても人気の種類です。
トゲがないモッコウバラは誘導しやすく、演出効果の高いバラです。
 バラと言えば噎せるような香りが特徴ですが、モッコウバラ特に黄色で八重咲きのものは殆んど香りません。しかし、モッコウバラの白色は芳香も楽しめます。
 香りはさて置き、小さな花が房状になって咲く様は豪華ですよね。
モッコウバラは中国原産で、江戸時代に黄色の八重咲きが伝来しました。
原種は白の一重咲きだと言われています。

 バス停のバラは、これからが見頃を迎えますが、残念ながら上からの全景は、お友達がいない人は無理です。が・・通路を出て横から眺めるのも良いですよ。ぜひ是非ご覧ください。
 私達が眺めているバラの殆んどは園芸種ですが、春のバラは季節が咲かせる、秋のバラは技術で咲かせると言います。
 モッコウバラを育てる時に気を付けることは、風通しを良くし無理な剪定をしない。これが美しさを引き出すそうです。


一口メモ
 紀元前1500年頃には鑑賞されていたと言われます。
「花の女王」と称えられ、愛と美の象徴とされています。
バラ科は、世界に100属3,000種があり、バラ属、サクラ属など美しい花が多い。

21:30 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)