ドリームハイツの歩き方
今年はさつきも早咲きです
 今月の風景  今年はさつきも早咲きです 17号棟 正野崎さん 4/14 ここで撮影  来月の風景募集
 
ハイツの花だより
ハイツの花だよりは毎月20日頃発行、時々休刊
12345
2018/04/20new

モッコウバラ

Tweet ThisSend to Facebook | by いつも明るく
モッコウバラ1
モッコウバラ1 [場所]


モッコウバラ2
モッコウバラ2 [場所]


モッコウバラ3
モッコウバラ3 [場所]


モッコウバラ4
モッコウバラ4 [場所]


モッコウバラ (木香薔薇・常緑蔓性)


 ハイツバス停の近くにトンネル状のアーチ(これはトレリスといいます)に巻き付いているバラは、モッコウバラと言い、とても人気の種類です。
トゲがないモッコウバラは誘導しやすく、演出効果の高いバラです。
 バラと言えば噎せるような香りが特徴ですが、モッコウバラ特に黄色で八重咲きのものは殆んど香りません。しかし、モッコウバラの白色は芳香も楽しめます。
 香りはさて置き、小さな花が房状になって咲く様は豪華ですよね。
モッコウバラは中国原産で、江戸時代に黄色の八重咲きが伝来しました。
原種は白の一重咲きだと言われています。

 バス停のバラは、これからが見頃を迎えますが、残念ながら上からの全景は、お友達がいない人は無理です。が・・通路を出て横から眺めるのも良いですよ。ぜひ是非ご覧ください。
 私達が眺めているバラの殆んどは園芸種ですが、春のバラは季節が咲かせる、秋のバラは技術で咲かせると言います。
 モッコウバラを育てる時に気を付けることは、風通しを良くし無理な剪定をしない。これが美しさを引き出すそうです。


一口メモ
 紀元前1500年頃には鑑賞されていたと言われます。
「花の女王」と称えられ、愛と美の象徴とされています。
バラ科は、世界に100属3,000種があり、バラ属、サクラ属など美しい花が多い。

21:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/03/17

コブシ

Tweet ThisSend to Facebook | by そよご
コブシ1
コブシ1 [場所]




コブシ2
コブシ2 [場所]




コブシ3
コブシ3 [場所]


コブシ (辛夷・落葉小高木)


 サクラより先に咲き、♪~コブシ咲くあの丘~北国の春~♪と歌われているように、春の訪れを告げる花木として親しまれているコブシの花ですが、このところの温かさで一気に咲き始めました。
 羽毛に包まれたような蕾が子どもの握りこぶしに似ているからとか、秋の実が拳に似ているからということで名付けられました。
別名「田打桜・タウチサクラ」と言われるのは、花が咲き始めたら田植えを始める、里芋を植える等、農作業の目安とされていることからのようです。
 よく似た花のハクモクレンも咲き始めていますが、コブシは花の下に小さな葉が一つ付き、小さくて、花びらを大きく広げて横向きに咲きます。ハクモクレンの花は大きくて、上向きに咲きます。
もう一つの似た花タムシバは、少し遅れて4月頃から咲き始めますが、花の下に葉がないことで見分けます。
 葉の出る前に咲き、満開になると真っ白になり見応えがあります。

一口メモ:
モクレン属(ホウノキ・オガタマノキ・タイサンボク等)の花は甘い良い匂いがします。
コブシは香水の原料としても利用されています。

原産:日本
分類:モクレン科モクレン属
花期:3月~5月

00:00 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/12/20

マツ

Tweet ThisSend to Facebook | by いつも明るく
クロマツ1
クロマツ1 [場所]




クロマツ2
クロマツ2 [場所]




ミニ盆栽
ミニ盆栽




マツ (松・常緑針葉樹)


 お正月も近く、今回は正月に因んで松を取り上げてみました。
花の時季は多くが4~5月頃になります。(園芸種も多数作られています)

*松と聞いて思い浮かべるのは、今頃から売り出される門松の松でしょう。
 門松用は一本仕立てや3本枝で格好が良いもの、根まで付いてるものもあり、用意をする時、迷ってしまいそうよ。
○ 「松」は「祀る」につながる樹で、古来中国では、生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされ、日本でも目出度い樹として、正月の門松に飾る習慣として根付いたそうです。諸説あるようですが、平安時代に始まり室町時代には、今の形になっていたようです。
*以前は立派なお庭のシンボル的な植木だったのに、手入れも大変らしく今では・・
○ 『伝統の庭園樹・マツ類を見直そう』との提案もあるようです。
  今ではマツの姿を心ゆくまで楽しもうとすると、海岸や山、神社仏閣の和風庭園に行かなくては無理でしょうネ。 
  超高級盆栽松は別として、小盆栽を正月に眺めるのも良いものです。
*門松を飾る期間はどうなのかしら。松の内って何日まで?
○ 12月13日から飾っても良いようよ。でも一般的にはクリスマスが終わってからの様ですが、飾り始めが12月29日は「二重苦」に通ずるのでダメ。31日は神様をお迎えするには一夜飾では失礼だろうと言うことです。そして「松の内」とは、門松を出して置くのがこの日まで、と言う意味だそうで、新年7日迄が多いそうですが15日まで飾っておく地域もあるようです。

 市ハイツに2本有りますが県ハイツには残念ながら存在しません。
何故か縁起が良い物や・上等品のランクに使われます。そしてマツカサは手芸・木工用に使ったりします。家材から子どもの玩具まで広く用いられる愛すべき木です。
 私の故郷では、十八番で得意になった時も、同じ場面で失敗した場合いにも使われるのが、「何時に変わらぬ松の色だナー」と言っていました。今でも時々頭の隅を過ぎり、結構シックリ来る言葉です。

00:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/11/15

ヒイラギ

Tweet ThisSend to Facebook | by いつも明るく
ヒイラギ1
ヒイラギ1 [場所]




ヒイラギ2
ヒイラギ2 [場所]




ヒイラギ3
ヒイラギ3 [場所]




ヒイラギ (柊・常緑小高木)


 昔から親しまれてきた縁起木です。
トゲ状の鋸歯が邪気を防ぐとされ、古くから縁起の良い木とされてきました。
「鬼はー・外!」「福はー・内!」2月3日の節分に、ヒイラギの小枝とイワシの頭と大豆の三点セットが記憶のなかのヒイラギですが、それほど気になる花ではありませんでした。
他の人はヒイラギの思い出ってどんなものがあるのだろうか?
 なぜ、節分にヒイラギなんだろう?。うろ覚えでは「鬼の目に投げると鬼が逃げるから」だと、私の住む地方では言われていたような気がしますが、それにしても不思議な組み合わせですね。
 この時期、そろそろクリスマスの飾りとしてリースを作る人がいます。緑の葉に赤い実が目立ちますが、こちらはセイヨウヒイラギです。(ケーキの上の飾りがそうです)
やはり、トゲで邪気を払うと言われ、洋の東西を問わず考える事は似るのでしょうか?

 花木には、流行り廃りがあるようですが、ヒイラギもそうなのでしょうか?
以前は、よく見かけたように思いますが、現在、市ハイツ4号棟西側芝生地に一本だけあります。純白で小さな花を枝に付け、かすかな香りを放ちます。でも本当に目立たないのです。

 園芸種で、葉に斑の入った、斑入りヒイラギ、黄金ヒイラギ、トゲのないマルバヒイラギなどが作りだされています。
ヒイラギモクセイは、ヒイラギとギンモクセイの交雑種で、トゲはヒイラギほど鋭くない。

一口メモ
 モクセイ科モクセイ属(皆さん良くご存知のキンモクセイの仲間です)
 ヒイラギは、葉の縁に2~5対の鋭いトゲがあり、実は濃紺。
よく似ている、ヒイラギモクセイの縁は8~10対の刺があり実は付かない。

00:00 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/09/20

タマスダレ

Tweet ThisSend to Facebook | by いつも明るく
タマスダレ1
タマスダレ1 [場所]


タマスダレ2
タマスダレ2 [場所]


タマスダレ3
タマスダレ3 [場所]


タマスダレ4
タマスダレ4 [場所]


タマスダレ (玉簾・多年草球根植物)


 いつも見ているし、よく知っているけど・・ 名前となると何だろ~う?
そんな花の1つでしょうが、私には名前に納得できない花の一つである。「何を根拠に一体誰の命名か?」と素人の私は思う。子どもの頃、この花の名前を「ナツズイセン(夏水仙)」と言っており、ズーッとそうだと信じていた。
夏に咲く水仙に見る方がシックリしませんか。でも、間違いなのですヨ、これが!
 タマスダレは、白い小さな花を『玉』に、細い葉が集まっている様子を『スダレ』に見立てて付けられた名前です。
 花壇の縁に沿って植えたり、花壇が広ければ纏めて植えられます。有る程度纏まると見ごたえがあります。しかし、雑草の中にポツンと一輪咲いているのも良いものですよ。
◎ ナツズイセンは別種に有りますので絶対に間違えないでください。

 夏のハイツ内で、木の花を捜すのに大変苦労します。目立つ草花を捜し、先月は真っすぐ伸びた防災拡声器のような「タカサゴユリ」でしたが、今月は反対に足元を飾るタマスダレになりました。どちらも夏に相応しく(?)純白で、涼やかな面立ちです。

一口メモ
 タマスダレと同じものですが、ゼフィランサスの名で販売されています。
ゼフィランサスとは、ギリシャ語の「西風」と「花」に由来します。
ヨーロッパから見て西方のアメリカから来たと言う意味があり原産は中南米です。
 園芸種は花色も多く、栽培の難易度にも差があるとのこと。
こちらの別名は、雨の後によく咲くので :レインリリーです。 

00:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345