ドリームハイツの歩き方
朝顔で始まる清々しい一日
 今月の風景  朝顔で始まる清々しい一日 17号棟 正野崎さん 8/31 ここで撮影  来月の風景募集
 
ハイツの花だより

2017/12/20

マツ

Tweet ThisSend to Facebook | by いつも明るく
クロマツ1
クロマツ1 [場所]




クロマツ2
クロマツ2 [場所]




ミニ盆栽
ミニ盆栽




マツ (松・常緑針葉樹)


 お正月も近く、今回は正月に因んで松を取り上げてみました。
花の時季は多くが4~5月頃になります。(園芸種も多数作られています)

*松と聞いて思い浮かべるのは、今頃から売り出される門松の松でしょう。
 門松用は一本仕立てや3本枝で格好が良いもの、根まで付いてるものもあり、用意をする時、迷ってしまいそうよ。
○ 「松」は「祀る」につながる樹で、古来中国では、生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされ、日本でも目出度い樹として、正月の門松に飾る習慣として根付いたそうです。諸説あるようですが、平安時代に始まり室町時代には、今の形になっていたようです。
*以前は立派なお庭のシンボル的な植木だったのに、手入れも大変らしく今では・・
○ 『伝統の庭園樹・マツ類を見直そう』との提案もあるようです。
  今ではマツの姿を心ゆくまで楽しもうとすると、海岸や山、神社仏閣の和風庭園に行かなくては無理でしょうネ。 
  超高級盆栽松は別として、小盆栽を正月に眺めるのも良いものです。
*門松を飾る期間はどうなのかしら。松の内って何日まで?
○ 12月13日から飾っても良いようよ。でも一般的にはクリスマスが終わってからの様ですが、飾り始めが12月29日は「二重苦」に通ずるのでダメ。31日は神様をお迎えするには一夜飾では失礼だろうと言うことです。そして「松の内」とは、門松を出して置くのがこの日まで、と言う意味だそうで、新年7日迄が多いそうですが15日まで飾っておく地域もあるようです。

 市ハイツに2本有りますが県ハイツには残念ながら存在しません。
何故か縁起が良い物や・上等品のランクに使われます。そしてマツカサは手芸・木工用に使ったりします。家材から子どもの玩具まで広く用いられる愛すべき木です。
 私の故郷では、十八番で得意になった時も、同じ場面で失敗した場合いにも使われるのが、「何時に変わらぬ松の色だナー」と言っていました。今でも時々頭の隅を過ぎり、結構シックリ来る言葉です。

00:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)